ひかりの素足

ひかりの素足

宮沢賢治の童話。国語の授業でマイコ先生が板書していたのは第一節「山小屋」の一部。

突然泣き出す楢夫に対して「お父さん」が言った台詞。

なして怖っかなぃ。お父さんも居るし兄なも居るし昼まで明りくて何っても怖っかなぃごとぁ無いぢゃぃ。

図書カード:ひかりの素足

【07】

* [物][ハ行]

* はてなダイアリーキーワード:ひかりの素足