タケル

タケル

本名、猫目タケル(ネコメ タケル)。12歳。大黒市立第一小学校6年。

大黒駅南で迷子になり第一小の生徒に追われていたヤサコを助けた男子生徒。親切で快活な言動をし、電脳関係の知識やひわたでの噂もたくさん知っている。

一方で兄、宗助とともに古い空間に何かを探し、随時それを報告する作業を行う。またイリーガルを改造しキラバグを集めていたようである(アルファ型イリーガル?)。基本的に兄に気に入られたいという感情が多くの行動原理に関わる。ただ兄の過剰な行動にはやや抵抗を感じていてその点で葛藤も多い。

調査を進めてきた過程で問題を起こした兄がメガマスから告発されぬために、イサコに大部分の罪を背負わせ、利用していたこととノブヒコの事実を告げた。兄はイマーゴを持っているイサコを重用していたため事実を告げる行動原理として嫉妬も含まれていたと思われる。

ミゼットモモコを所有。

【01,15,21-】

* [キャラクター][タ行]