ノブヒコ

ノブヒコ

試行錯誤

本名、天沢信彦(アマサワ ノブヒコ)。暗号名4423」。

天沢勇子の兄。8歳のころ、母の入院に伴って大黒市へ引っ越してきた時に勇子とともに交通事故に遭い、ともに意識を失う。左腕には傷を負っている。メガマス病院に搬送されるも事故から12時間後に死亡。

その後イサコのために設けられた臨床実験医療空間4423に妹の意思と願望を反映した電脳体として再生。兄の死にショックを受けた精神の治療を試みて、暗号名イサコ」を名づけしばしともに過ごす。

現在は大黒市立メガマス病院の4号棟4階23号室に入院しているとされたが病院側は把握しておらず、彼の電脳体を探していたイサコの信じていた肉体が生きているという事はイマーゴを利用した記憶改竄だったとタケルが明かしている。

関連

* [キャラクター][ナ行]