ノルマンヒゲ

ノルマンヒゲ

ヒゲ族の一派。ヤサコ顔面上において最大の数を有すると思われる。

宗教哲学的な面での文明の発展を牽引したようであり、ヤサコが発言し、ヒゲ族世界における神になったときも、最初に神官の職を設けて神との交信を試みようとした。また「ヤサコは死んだ」と述べた哲学者を生み出したのもこの民族である。

【12】

関連

* [その他][ナ行]