フミエ

フミエ

本名、橋本文恵(ハシモト フミエ)。12歳。

大黒市立第三小学校6年3組コイル電脳探偵局会員番号七番の電脳探偵生物部副部長。身長120cm*1・体重27kg。

大黒に越してきたばかりのヤサコと初めて出会い、顧客と請負人の関係から友達に。負けず嫌いで何事もガッツリ・ザックリと手際がいいが、世話焼きの面もある。若干の頑固、よく喋ることも特徴。苦手なものは「怖い話」と「大きいもの」、納豆も怪しい。最近は自分の将来に不安を覚えて塾に通っている。

メガばあの徒弟で「フミちゃん」などと呼ばれている。2歳年下のアキラは弟であり、普段は力によって支配下においている。幼馴染のダイチとは確執あるライバルだが、実は似たもの同士。

ヤサコが引っ越してくる一月前の6月に飼っていたネズミ型の電脳ペットサッチーに削除された経緯があり、そのことを割り切りながらも傷として残している。現在はシモベとしてオヤジを保有。

使用している電脳メガネは1枚ゴーグル型。

イサコには初対面時から敵対意識と不信感を抱いていて、「通路」イサコが開いたと知ってからは更に彼女に関することに関わりたくないという思いを強めている次第。

関連

note

アニメーター、大塚康生の妻とはたぶん関係ない。

* [キャラクター][ハ行]

*1:キャラ表では127cm程度であるため、制作の上でキャラクターデザイン及びキャラ表が途中改定されたとはいえアキラにより事実よりも低く言われている線が強い。