ミチコさん

ミチコさん

ミチコ

都市伝説

願いを叶えてくれるとも言われる神隠しの女神。はざま交差点など電脳霧の漂う地点に出現するとも、「あっち」から帰ってきた少女とも、正体はイリーガルであるとも様々な都市伝説が流布している。姿は「霧」に包まれた交差点の端のほうに立ってこちらを手招きする黒い人影など。キラバグミチコの体の一部であるともされる。イサコキラバグのことを「ミチコ」と呼んだりする。言伝では主に黒っぽいワンピースを着て首から鍵を提げた姿で描写される。

ミチコさんを呼び出した子供に関わると呪われるなどの噂もあり、子供たちの間のいじめの原因にも成り得るものとなっている。

願望の電脳生命化

コイルス社の実験の結果、Cドメインで生まれた意思を持つ電脳生命体で、野生化したヌルと同様に子供の電脳体「あっち」へと連れて行く。ミチコは当時、通常空間(現在の古い空間)での生存を求めたが実現しないままコイルス社は倒産。メガマス社はミチコCドメインごと削除することを試みるも失敗。空間の破片からキラバグが発生した。

「あっち」では人形を持った少女の姿、通常空間古い空間「通路」では光るシルエットの姿を取る。

5年前に遭った交通事故でノブヒコを失ったイサコ臨床実験医療空間4423にいた時に発生。同じ空間に迷い込んだヤサコ電脳物質として再現されたノブヒコとともにいる様を見て、嫉妬したイサコの感情がイマーゴを介し電脳物質化して誕生した。電脳物質を形成する際に一部の記憶も「あっち」へと残されたためか、当時の記憶をイサコは失っている。

誕生したミチコイサコの願いをかなえるべくヤサコを追い払い、目的達成とともに消滅する予定だった仮想のノブヒコ電脳体を拘束。当時の感情に基づいて、古い空間を削除しようとする試みに対して抵抗を続けている。

関連

* [キャラクター][電脳][マ行]