メガばあ

メガばあ

メガばあ

本名、小此木早苗(オコノギ サナエ)。小此木一郎の母。ヤサコの祖母。オババ

1年前まで駄菓子屋を営んでいたが、副業だった電脳アイテムの販売に切り替え、今や「メガシ」を売りさばくメガシ屋を経営中。ただし販売する電脳グッズは利用目的のみならず、メタバグを使用しているため大半が違法。価格にゼロを4つ増やして「万円」と称するのがマイブームのお茶目なババアである。

使用している電脳メガネは眼鏡型。メタバグを練りメタタグを作る技術は他の追随を許さない。

コイル電脳探偵局の首謀者でもあり、会員番号零(ゼロ)番の電脳探偵フミエ他、会員に指南したりしている。徒弟の一人であるタマコとは4年前の集団心神喪失事件の事態収束に手を貸して以後、大黒市沈没の際に邂逅するまで顔は合わせていなかったようである。ボケも4年前から進行中。

第13回大黒市大笑い大会で優秀な成績を収めている?近頃は腰が弱いようである。

関連

note

本名の早苗はプロデューサー、三ッ木早苗に由来?

* [キャラクター][マ行]