メガマス

メガマス

[Megamass Corporation]

電脳機器メーカー。メガマス社。ヤサコの父が勤続する会社である。オバちゃん猫目も関係する。半官半民の制度を導入する大黒市では行政にも多く介入。金沢市にも多くの重要施設あり。

コイルス社の開発した電脳メガネを発売し爆発的ヒットとする。また電脳空間を構築するサーバーの提供、サッチー2.0などのウイルス駆除ソフトの製造、MGOSなど電脳機器用ソフトウェアの開発も行っている。同じくコイルスから引き継いだ電脳医療の研究推進から医療関係にも多角化しているようで、メガマス病院など「メガマス」の名を冠した医療施設も存在し、企業としての影響力は極めて大きい。

ただしコイルスの研究の実態を把握しているわけではなく、数年前より古い空間を削除しつつも調査を行っている。引き継いだ技術に含まれている問題点などに関しても、原因を把握していないため半ば強引な方法で隠蔽を続けているとされる。Cドメインの削除試行はその一環。一方で技術を流用するだけ流用してそれ相応の対応をしないことに不満を持つ元コイルスの社員による内部派閥も存在している。

小説版においては本社機能を金沢から大黒市に移籍させたことで、未開発の古都をハイテク産業政令指定都市のレベルにまで引き上げた。

関連

* [社会][マ行]