子入神社

子入神社

メガネをかけたまま寝てしまったときに夢に見る神社階段鳥居がある。

ヤサコ大黒市に来てから「4423」と名乗る存在が夢の中でヤサコに呼びかける夢を、ハラケンは黒い影になったカンナが階段上で呼びかける夢を見ている。

オジジの葬式に来た時のヤサコデンスケを追いかけるうちに子入神社に迷い込み、そこで「4423」に会ったことをうろ覚えしている。しかし大黒市内に直線型の階段鳥居を持つ神社は存在していないため、しばらくは空想のものだとも思っていた。

しかしタケル古い空間に残されているという説、イサコが開いた鍵穴型の「通路」の入り口に抱いた既視感から、古い空間「あっち」にあると確信。ヌル京子電脳体「あっち」へと連れ去ったときには、階段鳥居まで導いて京子を襲おうとした。

神社の前は砂利道であったり横断歩道であったりする。

コイルスノードを使ってコイルスの空間「通路」を開いた際には、その先に見えるほど近くに階段鳥居が現れた。

note

本編でこの名称は登場しておらず、基本的に「階段鳥居」とか「一直線の階段沿いにたくさん鳥居のある神社」的な感じで呼ぶことが多い。

読みは普通に読めば<こいるじんじゃ>だが、眠りと絡ませて<ねいるじんじゃ>とかけてあるのではという指摘などがなされている。『通りゃんせ』を絡ませて考えれば<氏子入り>の子入とも。

企画書段階での名称は<道祖神社>。

関連

* [地理][カ行]