thetaの日記

2009-08-21

[]COILS NOTE 00:09

コミックマーケットC76の三日目に、サークル「MEGASI屋 荻窪店」から『COILS NOTE』という本が出ていたのですが、コミケに行ったにもかかわらず、全然気づかずに帰ってきてしまいました orz

この本は、コイルのスタッフが出しているプロ同人誌。知っていたら絶対買いに行っていた本です。

MEGASI屋のサイトによると、完売御礼、再版予定なしとのことで、Yahoo!オークションでゲットしたのが届きました。

f:id:theta:20090821234318j:image

一通り目を通しましたが、前半は関係者のたくさんのイラストが掲載されていて、後半はスタッフのインタビューというか座談会が掲載されており、スタッフ陣の和気藹々とした雰囲気が伝わってくる本です。CGワークス:荒木宏文さんのインタビューも良かった。

MEGASI屋のWebサイトはもう閉鎖されていますが、管理人さんはコメントで、また同じメンバーで何か出来たらいいなあ、という趣旨のことを言われてました。

※入手を逃した方は、今ならヤフーオークションの値段もこなれてきましたのでオススメです。

isako4423isako44232010/10/23 17:56殆ど同人じゃないかw

2008-08-11

[]『電脳コイル ビジュアルコレクション02:36

近所の書店で売り切れ、Amazonでも売り切れていたのでセブンアンドワイで購入していたのを受け取りました。

電脳コイル ビジュアルコレクション

電脳コイル ビジュアルコレクション

これは、ロマンアルバムとして出された本なのですが、ロマンアルバムでは既に『電脳コイル (ロマンアルバム)』が発売されています。これとの違いは、

  • 電脳コイル (ロマンアルバム)』はカラー絵と解説主体だが、本書は白黒主体で解説などほとんどない。

という点です。内容は原画集と言うべきで、「ビジュアルコレクション」というタイトルには疑問を覚えます。ただ、量が半端ではないので、作品をじっくり復習したい人には良いのではないでしょうか。

以下感想。

感想を一言で言うと、「教科書」

  • まず、大きさがでかいです(A4版、厚さ1インチくらい)
  • 帯にはこうあります「神作画を解明!」
  • 中身は絵コンテと原画ばっかりです
  • どこまでも原画と絵コンテにカット番号がついているのが続く
  • 原画の隙間にタイムシートが入ってる。タイムシートとは、原画をどの順番で重ねて、どう動かすかを指定した物らしい
  • 大学に入って、「マグロウヒル大学演習・電気回路」を渡された時を思い出しました(ページを開いても意味がわかりません)
  • きっと、アニメの仕事をしてる人には価値ありまくりな一冊
  • だと思うが、よくわからない。

AM編集部の気合いが伝わってきます。

今度は「原作本」が出るらしいんで期待。

2007-08-09

theta20070809

[][]電脳コイルキャラクターブック 01:14

電脳コイルキャラクターブック(小学館)を購入して届いていたのを開封。復習になって結構面白い。

ざっと読んでみたんですが、ちょっと引っかかるところがありました。

メインキャラクター対比表ラフ(P76)が掲載されているのですが、これは電脳コイルアクセスガイドBOOK徳間書店)に載ってる設定資料(P48)と同じモノです。

ところが、徳間版には載ってる「ノブヒコ」の名前が小学館版では消えてるんです。何故でしょう?

f:id:theta:20070810010348j:image f:id:theta:20070810010433j:image

電脳コイル キャラクターブック (キッズ・ポケット・ブックス)

電脳コイル キャラクターブック (キッズ・ポケット・ブックス)

電脳コイル アクセスガイドBOOK

電脳コイル アクセスガイドBOOK